起業資金を節約して高い効果を上げる!貸工場を選ぶ際のチェックポイントなどを紹介します

このサイトでは、これから新しく会社を立ち上げようとなさる方に向けた情報をお伝えします。
生産を実施する企業であれば、必ず拠点となる工場が必要です。
その際に役立つのが貸工場ですが、起業資金を節約して高い効果をあげるにはあるポイントに着眼をしなくてはいけません。
どんな物件を借りるのか、スペースなどさまざまな箇所をチェックすることになるので、しっかりと熟知をしておくことです。
ここでそのコツを述べていきましょう。

起業資金を節約して高い効果を上げる!貸工場を選ぶ際のチェックポイントなどを紹介します

新しく起業をする場合、貸工場を借りる時は会社名義で契約をすることが大切です。
これは経費として賃貸料を支払うことができ、年度末の確定申告で税金の控除を受けることができます。
貸工場を借りる際のポイントは、どのような生産を実施するのかを先に考えておくことです。
貸工場の規模と製造能力がマッチしていれば、賃貸料を大きく節約することができ、得られる利益を高めることもできます。
このポイントを踏まえて物件探しをおこなうことです。

貸工場を利用する際に必要な条件とは

貸工場を利用する上で、条件や制限の枠となるのが都市計画法です。
都市の健全な発展を目指すのが都市計画法であり、各自治体が土地の利用条件を定めている法律です。
地域ごとに、土地の用途・利用の仕方が決められています。
区分は住宅と商業地、そして今回の主題となる工業地の3つです。
さらに詳しく見ていくと工業地域および専用地域、準工業地域といった3つの区分が存在します。
最初の2つは大規模な工場が建てることができ、学校や病院などの施設を建てることはできません。
特に専用地域にいたっては、飲食店や住宅なども建築不可という工場に適したエリアと言えるでしょう。
基本的には貸工場が建てられているのは、この3つのエリアとなります。
借りる際に覚えておかなければならないものの1つに、建築基準法があります。
建築物の敷地や構造、設備や用途に関して定められている法律です。
用途にも関与しているため、都市計画法とも重なる部分があります。
貸工場を利用する前に、建ぺい率・容積率といった基準をクリアしているのかを確認することが必須です。

貸工場を利用する場合の生産効率の考え方

貸工場を利用するときの生産効率ですが、まず効率を上げるには業務プロセスの管理改善が大事で、部品の製作の手順・慣習で起きている無駄な手間を省く、現状で誰が何を担当しているかの把握などを改善することで生産性も上がります。
社内の意識が足りないなら研修などを行って従業員の意識改革も必要です。
次に貸工場に設置する設備のレイアウトの最適化も欠かせないことで、生産形態でつい考えてしまいますがこれも実際に作業をする人の手間・コストを考えると無駄になっている部分もあったりします。
製品の仕上がりや評価以外に、働く人の立場になって設備のレイアウトを考えることが重要です。
それから管理システム・業務効率化ツールの導入も必要で、在庫・出荷管理、稼働状況調整・故障や異常の検知など自動で行えます。
AIなどが必要ですが、故障の予知などは人だとわからないことも多くツールだと早く察知できます。
事務処理もオンライン上で殆どの事を行えるサービスも多く、一部や全て任せるだけで人件費などの削減も出来ます。

良い貸工場が駅のそばにある理由とは

貸工場は様々な場所に存在しているものですが、その中でも人気の高いところは駅のそばにあることが少なくありません。
その理由は働く従業員が通勤しやすいと言うメリットがあり、人材を雇用しやすいと言う点にあります。
貸工場を利用する人の目的はこの場所で様々な製品を製造したり、加工を行うためであることからこれらの作業を行う人材を集めなければならず、これは駅から離れた場所の場合には通勤の問題でなかなか集まらないといった問題が生じることもあります。
さらに貸工場が駅のそばにあることで、様々な製品を鉄道輸送網を利用して輸送することが可能です。
最近ではトラック輸送が一般的となっていますが、大量に遠くまで輸送したい場合には経済的な面でも効率の上でも鉄道輸送が非常に適している場合が少なくありません。
単に生産機能だけではなく、このような面から効率の良い活動を行うことができる環境が整うため、良い貸工場は駅のそばにある理由となっています。

貸工場の周辺の道路交通網の重要性

加工品などを大量に製造するときに貸工場を利用すると便利ですが、加工品を製造するには原料などを工場まで運んで来ないといけないです。
そのため貸工場を利用する場合は、事前に道路交通網についてもチェックしておくのが大切になり、周辺の道路環境が悪いと上手く製造をすることができなくなるリスクがあります。
基本的に加工品は原料がなければ製造することができませんから、安さだけで貸工場を選んでしまうとビジネスとして成立しないような可能性も高いです。
当然ながら工場で製造された加工品を販売店などに持って行くときにも道路交通網が重要になってきますから、円滑に運ぶことができる地点に工場を持たないといけません。
貸工場を利用して実際に製造を開始すると、すぐに他の場所に移動するのも難しいので、最初の段階でミスをしないのが大切になります。
仮にどうしても希望する場所に工場がない場合は、自社工場を用意しないといけないケースもある筈です。

貸工場に関する情報サイト
貸工場って何?

このサイトでは、これから新しく会社を立ち上げようとなさる方に向けた情報をお伝えします。生産を実施する企業であれば、必ず拠点となる工場が必要です。その際に役立つのが貸工場ですが、起業資金を節約して高い効果をあげるにはあるポイントに着眼をしなくてはいけません。どんな物件を借りるのか、スペースなどさまざまな箇所をチェックすることになるので、しっかりと熟知をしておくことです。ここでそのコツを述べていきましょう。

Search